中学受験 学校選び 塾に惑わされず真剣に考えていますか?

奥深い学校選び

学校選び・・・

真剣にお考えになっていますか??
こんな物言いをしたら怒られるかもしれませんが、
私からみると、どうしても安易に見えてしまうんです。

どういう事かと申しますと、
首都圏に住んでいると、
短絡的に、首都圏内の学校。
そして、出来るなら出来るだけ偏差値が高い学校。

まあ、平たく申し上げますと、
開成、麻布、武蔵の男子の御三家や、
桜蔭、女子学院、双葉の女子御三家。

そして次に来る学校群の数々。
そして何よりも、いつの間にか絶対にどこか入らなければならない・・・

となってしまい、
それでは本末転倒なのでは・・・
と思ってしまいます。

きちんと進路指導が出来る塾講師は少ない

こういう事を申し上げると少々語弊があるかもしれませんが、
実際、そうなんです。

要は、決まりきった偏差値だけの進路指導しかできないんです。

だって、考えてみて下さい。
何十年やろうが、それだけの経験値しかないんです。

Naomy
要は、そんなペーパー上の事は、
ネットや情報誌を見たらいくらでもわかる事なんです!!

私のウリは実体験です

これまで多くの子供達を指導してきた、
保護者の皆様をコンサルしてきた・・・

という経験も勿論ですが、
決定的に違うのは、

自分の経験、実体験がある

という事です。

だからこそ、
生きた進路指導が出来、
他とは違うコンサルが出来、
アドバイスが出来るわけです。

お得な学校は沢山ございます

開成や桜蔭だけが全てではございません。

勿論、開成や桜蔭を否定するつもりはございません。
ございませんが、
それが全てではございません。

子供の成長なんて、
どこで爆発するか判らないんです。
でしたら、その為の学校を選ぶ必要があるんですね。

ですので、ただ偏差値だけで選ぶのはやはり問題です。

ただ、塾の指導としては、

「全滅だけは避けよう!」

という指導があるのも事実です。
ただ、その全滅を避ける意味でも、
そのうえでの1月受験はとても重要な位置づけになります。

意味のある1月受験

特に、この1月受験に対して、
あまりにも軽んじている傾向があるのを私は非常に残念に思います。

1月受験に関して・・・
正直、今から考えても遅いくらいですが、
間に合わないわけではございません。

男の子なら、女の子なら・・・
と夫々考えなければならない問題は山積です。

私のポリシーは情報を取るのは親の役目。
そして中学受験は親が関わってあげれる最後受験です。

心置きなく・・・
思う存分、関わってあげてほしいと思います。

 

 

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください