小学校受験の一番のハードル? お話しの記憶



お話しの記憶

或る意味 一番対策に時間が・・・

こちら、結構、難問です。
正直、大人の私でさえ・・・
というか、大人の私だからこそ・・・
というべきか・・・
覚えられませんしょぼん

このブログを読んで下さっている方々は、皆様、

「うん、うん」

と思って下さっている方が多いのではないでしょうか?

結論!

正直、繰り返しと慣れ以外ございませんえーん

でも、安心して下さい。
何も、お話しの記憶が出来ないからと言って、
それで、

「終わったショック!

って事はございません。
あくまでも、国立は

バランス良く、色々なお子様

を入学させます。
その為、色々な課題があるわけです。
そもそも、出来るお子様ばかりだと、
先生方の何の研究材料にもなりません!
しかし!!

レベルは高いです(笑)

焦る必要はありませんが、なめてはいけません!

 

「お話しの記憶」の出題の意味を考える

授業運営の邪魔をしない

ここで原点に戻って考えて見て下さい。
そもそも

「お話の記憶」

が課される・・・と言うことは
どういう意味があるのか???
要は、

「今後の授業運営が如何にスムーズに運べるか」

です。
国立は、あくまでも先生の研究の為の機関です。
ここを、理解しなければなりません。
要は、色々なお子様が欲しい・・・とはいえ、

授業を邪魔するお子様

は困るんです。
しかも、40人学級(おととしから30人学級になりましたが・・・)
一般の公立の学校より、ひとクラスの人数が多いんです。

そんな中、授業を・・・しかも研究授業を進めるわけですから、
指示行動がきちんとできないと困るんです。

 

基本、先生はお忙しい

基本、先生はお忙しいですし、
私立のようなきめ細やかさはございません。
或る意味、公立の方が親切だと思った方がいいです。

「先生、わかりませ~ん」

と言っても、

「お隣に聞いてね」

と先生は相手にしないかもしれません。
しかも、それが恒久的に許されるわけありませんよね。

お判りになりますか??
国立って、そういう学校です。
そんな状況で授業が成立する・・・
ですので、やはりレベルは高いんです。

これは普通の公立の小学校ではあり得ないレベルです。

もう一つ、申し上げましょう。
現在、大手進学塾において中学受験を目指す生徒を持っております。
現在、小学校6年生と4年生、3年生ともっておりますが、
まあ・・・放っておくと、直ぐにうるさくなります。

聞く体制

に持っていくのに、それなりの力量が必要です。
これは、これまで、小学校受験、
そして、筑波の児童達に慣れていた私にとっては、
「違い」を感じた事です。

やはり、小学校受験において

「それなりに躾をしたお子さま」

は違うんです。
これは正直、私の実感です。
そういうコンディションです。
そういう環境の中、授業を進めるんですから、
先生は授業を進めやすいですよね。

 

肩ひじを張る必要はございません

決して、力む必要はございません。
でも、当たり前の事は当たり前として聞ける力、
その育成の基準、
・・・まあ、あくまでも一つの物差しですよ!!
それが

お話しの記憶

なんです。

とはいうものの・・・我が家の息子。
ピークは小学校受験の時だったか???
という状況でございます。

肩肘張らず、残り少ない夏を乗り切りましょう♪

==========================================

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記「問い合わせはこちらまで」よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったアドバイスをさせて頂きます。

お問合せはこちらまで

==========================================

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください