国立小学校受験における塾

国立小学校受験・・・塾は必要か?

私立を視野にいれている方にとっては問題にもならない事ですが・・・
初めから

国立小学校しか受験しない

と思っている方にとって、
お受験の為の「塾」は必要かどうか・・・

というご相談をよく受けます。

不要だと思います

こういう言い方をすると些か無責任ですね。
正直、一概には申せません。

お子様の状況にもよりますし、
家庭環境にもよります。

ですので、一概にはいえませんが、

「どうしても・・・」

というわけではないと思います。
ただ、何の尺度もないご両親だけの判断は危険です。
あくまでも

「お試し受験」

で受かったらラッキー音譜
程度でしたら構いませんが・・・(笑)

 

何もしないでいいわけではございません

難しいです。特に筑波は

とはいえ、何もしないでいいわけではございません。
やはり

「しつけ」

は必要です。
かねてから、何度か書いておりますが、

「当たり前」の「しつけ」

結構、これが実は難しいんですね。
そういう意味で、
私は、塾に行かなくても、
ご家庭で、その辺りをキチンとカバーできるなら大丈夫だと思っております。

模試はお薦め

とはいえ、
何もしないまま、いきなり本番・・・
というのは、お子様にとっても
なかなか面食らう事も多いと思います。

実際は模試を受けていても
本番と違う点も諸々あるのですが・・・
それは、コンサルを受けてくれている方の情報ですので、
その辺りはここでは差し控えさせて頂きます。

集団レッスンと個人レッスン

中学受験においてもそうですが・・・
やはり、集団は集団のよさ、
個人は個人のよさ
がございます。

「集団」だからこそ、
同じ年齢のお友達が「こんなに出来るんだ」
とう事を認識し、
「僕も頑張ろう音譜
という尺度が生まれます。
それはそれで「受験」という競争において不可欠だと思います。

一方、「個人」。
やはり、個人だからこそ、
その子だけに「目」を向け、
その子だけの事を考え、
ケアし声をかける事が出来ます。
それが「個人」のよさですね。
勿論、非常に効率的です。

しかし、尺度がないので、
ライバル意識は生まれません。
ややもすると、ダレてしまいます。

この辺り・・・
難しいですね・・・。

お子様の事をご理解なさっているのは一番はお母さまです。
色々なご意見、アドバイスを取り入れながら、
いい感じで本番を迎える事が出来るのがベストですね。

 

 

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください