お茶の水女子大学附属小学校⑩ 2次検定の様子③子供の様子

お茶の水校門

 

 

 

 

 

 

2次検定の様子③子供の様子

それでは次に気になる子供サイドのお話しをさせて頂きます。
なんせ、試験が終わった後、
当時、年長の息子に聞いた話です。
兎に角、忘れないうちに・・・
と聞き出し、書きとめた資料です。
皆様のご参考になれば嬉しいです。

①母と別れた後は、まず、自由遊びがあったようです。

・ グラグラゲーム・ ボール(投げあいっこ)
・ なわとび(みんなで遊ぶ)
・ 魚釣り
・ ボーリング

とにかく勝手に自由に遊んでいたようです。
竹早とは違い一つのものだけでなく複数のもので遊ぶように指示がでたようです。

②待っているお部屋

先生に呼ばれるまで静かに座って待っているようにいわれた。
しかし、そこでジャンケンをして遊んでしまった。
→ これで、お茶の水は「終わったな・・・」と思ったのですが、
意外にもパスしてました。

③先生とお話をした

・ 仲良しのお友達は誰ですか?
・ いつも何をして遊んでいますか?

 

④違うお部屋で本を読んで待っていた

 

⑤先生とお話

・このケーキを3人のお友達で分けるにはどうやってわければいいですか?

おおまかに、こんな様子だったようです。

第2次検査を終えての所感

因みに、息子は

「このケーキを3人のお友達で分けるにはどうやってわければいいですか?」

の質問には
上手く分けられなかったそうです(笑)
でも、合格を頂きましたので、
「出来る」「出来ない」ではなく、
その際の態度、対応だと思います。

これは、全ての試験に共通する事ですが、
何かあった時の対処、
お友達がやっている時の態度、
そういう、態度が見られいる・・・
という事です。

詳細はコンサルにてお話しさせて頂きますので、
ご興味のある方はご連絡下さいませ。

 

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください