筑波大学附属小学校⑮ 2次選考Part 5:検査本番③

試験内容

次に試験内容全般について説明しますね。

それぞれの国立によって形式は違いますが・・・
筑波大学附属小学校に関して申し上げると、

 

試験は大きく分けて4つ試験により構成されます。

 

①ペーパー:所謂、知能検査のようなものですね。

②運動能力:熊歩き

③制作:年度により、工作したり、絵を描いたりと様々

④行動観察:社会性、協調性を判断

 

私立組でしたら、さほど珍しい内容ではないとは思いますが、

国立が初めての入試・・・

となると多少の準備・・・というか予備知識を与えてあげないと

お子様が戸惑ってしまうと思います。

 

とにかく、ポイントは面接がない点です。

つまり、子供の能力や実際、考査中の彼らの態度・・・

つまり先生方にとって魅力のあるお子様かどうか・・・

にかかっております。

 

では、次回・・・

其々の内容に関して、掘り下げて参りたいと思います。



本日もご清覧頂き有難うございました。

===================================

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記「コンサル申込」よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ⇩
『コンサル申込』

===================================

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください