5. 合格までの流れ

合格までの流れ

検定方法

筑波や学芸大竹早と同じく男女別、生まれつき別に行われます。

男女別生まれ月のグループ別

Aグループ 4月~7月生まれ
Bグループ 8月~11月生まれ
Cグループ 12月~3月生まれ

最終検定までの人数の推移

次に、第3次検定まで通過率の目安をお伝えさせて頂きます。

 

第1次検定で 
男女共、各グループ50名の150名に絞られます。
(例年、男子で7~8倍、女子で12~13倍になります)
 
第2次検定で  
男女共、約50名程度に絞られ、
 
第3次検定で 
男女共、約23名前後程度に絞られます。

 

通過率に関する所感

やはり、筑波との大きな違いは第1次検定での通過人数です。
ここで、相当、絞ってしまいますので、或る意味、あとは楽。
きっちりと、ペーパー対策等をなさっていれば、
合格率は高くなります。
 
詳細は下記【関連記事】をご覧になって下さいませ。
本日もご清覧頂き有難うございました。 ===================================

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記「コンサル申込」よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ⇩
『コンサル申込』

===================================



===================================

国立小学校 保護者向け2次対策『論文添削講座』

保護者の皆様は
筑波大学附属小学校においては、
 ・子供が2次試験中に論文を

お茶の水女子大学附属小学校に関しては
 ・1次試験(抽選後)直ぐに、その場(講堂)で論文を

其々、したためなければなりません.。


『論文講座』現役講師が皆様の原稿を、
皆様のカラーを生かしつつ添削させて頂きます。



『国立小学校 保護者向け2次対策添削講座』申込

===================================
【関連記事】