6. 第1次検定終了後の手続きについて

第1次検定終了後 親は「論文」があります!

第1次検定の流れ

ある年度の男子Bグループの場合です。

200×年12月×日

8:30~抽選立会い受付開始

9:00~抽選開始

9:50~抽選終了

10:30~2次手続き開始

11:40  2次手続き終了

 

1次検定(抽選)終了後、通過者はそのまま残り、当選順に席に着く

その上で直ちに「第一次検定受験票」と引き換えに第二次検定の為の手続き。

 

第2次検定の書類に関して

第2次検定に向けての書類作成

着席後、速やかに下記の通り、書類の作成が始まります。

・B4版程度の用紙の左側は現住所・家族・在園情報等に関して記入。

・その際、家族の備考欄に

「特に明記したい事があれば記入しても結構です」

との指示あり。

・残り右側は白紙で其処に学校側から出題されるアンケートに対する回答を記入。

 

 

アンケートという名の「論文」

アンケートですが、「論文」と捉えていいと思います。
この「アンケート」で学校側としては、
どの程度、学校を理解してくれているか、
どのようなご家庭か・・・
という事を判断しているようです。

あくまでも私の所感ですが、
筑波よりも、この部分は重視しているように思います。

因みに息子の時の課題は

「もし本校の保護者になられたら何に配慮なさいますか、またその手段」

でした。(参考までに次のページに私が書いたものを載せます)

関連記事に私の所感も含めたものも書いておりますので宜しければ覗いてみて下さいませ。

本日もご清覧頂き有難うございました。 ===================================

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記「コンサル申込」よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ⇩
『コンサル申込』

===================================




===================================

国立小学校 保護者向け2次対策『論文添削講座』

保護者の皆様は
筑波大学附属小学校においては、
 ・子供が2次試験中に論文を

お茶の水女子大学附属小学校に関しては
 ・1次試験(抽選後)直ぐに、その場(講堂)で論文を

其々、したためなければなりません.。


『論文講座』現役講師が皆様の原稿を、
皆様のカラーを生かしつつ添削させて頂きます。



『国立小学校 保護者向け2次対策添削講座』申込

===================================

【関連記事】

お茶の水女子大学附属小学校⑥ 1次検定終了後の手続きについて