筑波大学附属小学校⑬ 2次選考Part 3:検査本番①

 

筑波校門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検査ってどんな感じ??

ここまで来て、やっとこれまでの幼児教室なり

自宅で練習したペーパーの成果を発揮出来ることになります。

実は、息子は、この日、初めて筑波に参りました(笑)

Aグループ、Bグループ,Cグループ分け

まず、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますので、
概要を含めた試験当日のお話しをさせて頂きますね。
既に受験をお考えになっている方はご存じだと思いますが、
多くの国立小の入試は誕生月及び男女別に受験が行われます。

男子 Aグループ(4~7月生まれ)
男子 Bグループ(8~11月生まれ)
男子 Cグループ(12~3月生まれ)

女子 Aグループ(4~7月生まれ)
女子 Bグループ(8~11月生まれ)
女子 Cグループ(12~3月生まれ

このように6グループで、試験は実施され、

試験時間も試験内容も変わってまいります。

或る意味、幼稚園という未だ発達に差がある時期での配慮でもあるわけです。

グループにより入試日時は違います

兎に角、まずお伝えしたいのは、当日の状況として、
上のグループ分けでわかる通り、
受験の日時が、それぞれのグループにより全く違います。

つまり、朝早くから行われるグループもあれば、
午後から行わるグループもございます。
雨の日のグループもあれば、雪の日だった・・・というグループも存在する・・・
という事です。

服装は???

因みに・・・どこの小学校も寒いと思いますが、筑波小は格別寒いです。
小学校の制服に因んで・・・当日の服装は、

半ズボンで、半そで、短ソックスで、ベストなし・・・が原則!

という所謂、都市伝説のように言われているふしもございますが、

そんな事は一切ございません!!(笑)

まあ、常識で考えて、モコモコの厚着では困りますが、
長袖のポロシャツだったから落ちた、とか
ハイソックスを履いてたからダメだった・・・とか、
そんな事はございません。

因みに息子は、
長袖ポロシャツ、ハイソックス
での参戦でしたが、無事、合格を頂きました。
(因みに、国立3校全てそのスタイルで臨みましたが全て合格でした)
お子様の体調にあわせて、
是非、動きやすい服装で臨んであげて下さいませ。

本日もご清覧頂き有難うございました。 ===================================

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記「コンサル申込」よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ⇩
『コンサル申込』

===================================

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください