中学から寮に入れる! 中学受験

中学から寮に入れる!⑪

ごきげんよう。
「ママの為のお受験コンサル」
Alfest主宰の小野宮でございます。

いつもご覧になって頂き有難うございます。
本日も皆様にとって有意義な入試情報、その他の情報をお伝え出来ればと思っております。
塾では言わない、言えない本音をお話しさせて頂きます。

「中学受験」意味あるの?

この学校に入る意味、あるの? 
そこまでして入らなきゃ駄目? 
何か別に地元の公立中学校でもやっぱりいいんじゃない?

塾の勉強も苦しくなり厳しくなり忙しくなり、
でも、思うように娘の成績があがらないと、
自ずと限界を感じるようになり、
気持ちが弱くなってしまいます。
でも、やはりどこかで諦めきれない。

いつかやってくれるんじゃないか、
と期待に胸をふくらませ、

「今に!」
「そのうち!」

と待ちわび。
本当にうちのこの

「やる気スイッチ」はどこにあるんだろう??と悩み。
「いつ化けてくれんだろう?」 と、
その日を「今か! 今か!」と待ち望みましたが、
結果、とうとう、そんな日は、我が家にはきませんでした(>o<)

とにかく、まずここで原点に戻ります。
中学受験、どこも行くところがなければ、
義務教育なので必然的に地元の公立中学校に行くことになります。

それでいいのか、悪いのか?

まあ、別に元々が親の過保護のような考えで
受験モードにはいっただけで、本人の意思なんて、
あってないようなもんですよね。
で、親として冷静に考えました。

「そもそも地元の学校に行ったら、
なんの個性も何もない子だから、
高校受験のときに苦労する」

「主人の転勤も考えて、
とにかく、外に出ても戻ってきてあげる場所を作る為に受験する」

というのが大前提で始めた中学受験だったんだわ…。
と改めて思い出し気持ちを奮い立たせました。
となると「意味ないじゃん!」って思っていても、
意味のある学校を探し出さなければなりません。

だけど、塾って、そういう受験の情報はないんですよね。
ただ、勉強をさせるだけで、
しっかりと、その子に合う学校なり・・・
そういった情報や相談は出来ないのが、

今の塾の実情だと思います。

本日もご清覧頂き有難うございました。
ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記『コンサル申込』よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ↓
『コンサル申込』

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-中学から寮に入れる!, 中学受験
-, , , , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験