国立小学校受験 筑波大学附属小学校

筑波大学附属小学校② 合格までの道のり Part1

合格への道のりが長い・・・

入学へのハードルが高い要因の一つに
高倍率になる志願者数もさることながら、

合格までの道のりが非常に長い!!

という点もあげられます。

これだけの日程を一つの学校にかける保護者の情熱は半端ないものを感じます。

また、我が家は全て母の私だけが参りましたが、

お父様の参加率が高いのも、

筑波らしさの一つだと思います。

以下、参考までに、合格までの道のりです。

 

・願書だけを頂きに行く日。

・(願書は郵送にて受付)

息子の時は願書提出も「持参」でしたので、このプロセスがなくなっただけ”楽”になりました(笑)
オノミヤ

2次選考:受付の日(書類持参のみ)

2次選考:日程表配布の日(日程表配布のみ)

2次選考:(検査本番)

2次選考:発表

3次選考(抽選)

入学資格者発表

 

と恐ろしい程、学校に足を運ばなければなりません

他の国立小学校もよりもダントツに多く、

また、学校説明会等、公開行事も基本的には一切ございません。

 

それ故、入ってみないと判らない情報、

また、口コミで都市伝説のように情報が反乱しておりますが、

出来るだけフラットな見解でお伝えしていければと思います。

本日もご清覧頂き有難うございました。

 

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記『コンサル申込』よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ↓
『コンサル申込』

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-国立小学校受験, 筑波大学附属小学校
-, , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験