国立小学校受験 筑波大学附属小学校

筑波大学附属小学校④ 合格までの道のり Part2

ごきげんよう。
「ママの為のお受験コンサル」
Alfest主宰の小野宮でございます。

いつもご覧になって頂き有難うございます。
本日も皆様にとって有意義な入試情報、その他の情報をお伝え出来ればと思っております。
塾では言わない、言えない本音をお話しさせて頂きます。

合格までの道のり

平成25年より募集人数が少なくなっています

まず、合格までの道のりを簡単に説明させて頂きますね。

 

現在の募集人数は毎年128名(男子64名・女子64名)で、
志願者数が募集人数の30倍近くになります。
(H25年度募集定員から32名減っています)

 

このため入学試験では筆記・実技試験の前に、
1次選考として抽選器を用いた抽選が行われ、
約4000名の応募者のうち男女1000名に絞られます。

(抽選である1次選考でおおよそ半分になるわけです)

 

次に2次選考で筆記・実技試験の合格者男女100名ずつで、
(つまり、2次選考は8~10倍って感じですね)

さらに3次選考として、2次合格者を抽選をして、
最終的に男女各64名が合格となります。
(3次選考では、100名の内、64名が合格するわけですね)

 

平成25年までの募集人数は・・・

H25年以前の募集定員は、160名(男子80名・女子80名)でした。
人数が減る事により、倍率が上がり、より狭き門になるのでは・・・
あるいは敬遠されるのでは・・・
との見解もございましたが、
実際は例年と対して変わらないようでした。

むしろ、3次選考に関しては、例年
80名の定員に対し、130名が二次合格者でしたので、
割合だけでいえば、62%の通過率でした。
それが100名の内、64名の合格者ですので、
通過率は64%になりますよね(笑)
まあ、あくまでも「確率」の問題であまり意味はないのですが・・・

 

本日もご清覧頂き有難うございました。

 

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記『コンサル申込』よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ↓
『コンサル申込』

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-国立小学校受験, 筑波大学附属小学校
-, , , , , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験