筑波大学附属小学校⑱ 2次選考Part 8:検査本番⑥制作

筑波大学附属小学校⑱ 2次選考Part 8:検査本番⑥制作

筑波校門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、制作。

これに関しましては、

結構、都市伝説もあり面白いですが・・・

 

一時は「ざりがに」が課題に出されるのが定番で、

 

ザリガニをつかみ

 ↓

裏返しにし

 ↓

それを「写実的に」描く

というのが課題とされていました(笑)

また、ある時は、

○○先生の庭でコオロギが異常繁殖したので、

今年の入試は「コオロギ」となったり・・・。

というわけで・・・
我が家は、散々、
動物や昆虫をつかむ練習を散々させていたら、

実際に出た制作課題は

ロボット製作

でした。

要はよめなくなっております。

恐らく、これまで、ひたすらちぎりの練習をなさっていたり、

結ぶ練習をなさっている事と思いますが、

決して無駄にはならないと思いますが、

何よりのポイントは

早く!

です。

兎に角早く!時間内に!!

雑でも何でもいいんです。

 

兎に角早く!!

 

結構、課題としては、時間内に終わらせるのは難しいと思います。

でも、終わらせる!!

これを言い聞かせて下さいませ。

実際入ると、

結構、丁寧な作業を要求される事が多く、

ここは入試とのギャップが最も大きい処ではあるのですが・・・

それは合格してからの課題としてご相談にのらせて頂きます。

本日もご清覧頂き有難うございました。 ===================================

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記「コンサル申込」よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ⇩
『コンサル申込』

===================================

お受験でお悩みのあなた

ちょっとした気になる事、不安な事ってありませんか?

「受験は情報戦です!」

塾では教えてくれない「生」の情報をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください