国立小学校受験 筑波大学附属小学校

筑波小 合格ドキュメント 第2次選考当日①

ごきげんよう。
「ママの為のお受験コンサル」
Alfest主宰の小野宮でございます。

いつもご覧になって頂き有難うございます。
本日も皆様にとって有意義な入試情報、その他の情報をお伝え出来ればと思っております。
塾では言わない、言えない本音をお話しさせて頂きます。

筑波小 第2次選考当日①

第2次選考:2006年12月16日(土) 8:20~8:40受付

 

<選考がはじまるまで>

 

・当日は8:00過ぎには学校に着いておりました。

・入場は占春園門からでしたので、運動場で10分程度待ちました。

・それぞれ受験番号毎の控え室で受付を済まし、そのままその教室で待機します。

・8:25には受付が完了しておりました。

・教室には、椅子が30個、コの字に並べられており、在校生(6年)が3人程お世話係りとして待機してました。
受付を済ますと、上級生(5先生)が該当の番号の椅子まで連れて行ってくれて、
子どもの頭には番号入りゴムはち巻きを付けてくれて、
保護者には試験待機中に記入するアンケート用紙をわたしてくれました。

・受付を済ました後は先生が今のうちにトイレに行くようにとの指示が  ありました。

・ウチの子どもは受付後は大人しく椅子に座り、迷路の本に夢中になっていました。
 それに感化されたのか、隣の子も迷路の本を出してやりはじめていました。
 反対側の隣の子はウチの子の迷路の本を覗き込んでいました。

・控え室では、ある程度、揃ったところで、上級生が紙芝居を読んでくれました。

・8:40にはほぼ全ての受付が完了していました。さすがに皆様出足が早いようです。

・8:48には先生より

 

「お子様とはここでお別れとなりますので、どうぞ皆さん最後の激励のお声を掛けて下さい」

 

とのお声かけがあり、息子の手を強く握って保護者は番号順に廊下に出て、そのまま講堂に移動しました。

本日もご清覧頂き有難うございました。
ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記『コンサル申込』よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ↓
『コンサル申込』

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-国立小学校受験, 筑波大学附属小学校
-, , , , , , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験