未分類

YT組分けの結果がでましたね

YT組分けの結果は如何でしたか?

先週の土曜日(6/13)、

久し振りに外の会場で行われた組分けテスト。

結果が出て参りましたが如何でしたでしょうか??

6年生に関して申し上げますと、

今回は国語は簡単だったようで、点数の割には偏差値は伸びておりません。

算数はまあ、平均的な問題。

社会は一寸、難しかったようですが、まあ概ね平均です。

理科も例年、この程度の難易度ですね。

YT組分け、本来なら試験範囲が決まっておりますが、

6年生は、実質、試験範囲がないも同然です。

とはいえ、ある程度の括りがあるだけ、まだ手の打ちようはございます。

家庭教師のご報告

其々のご家庭の選択の結果

さて、それを踏まえての家庭教師の現状のご報告をしたいと思います。

今回、この組分けの前、

本当に直前だったのですが、

3つのご家庭にお声かけをしました。

Aくん:受験勉強をはじめたばかり

Bくん:3年生後半から入塾し、入塾時はギリギリ最上位クラス、現在は一番下クラス

Cさん:入塾以来、ずっと下クラス。

いずれも、

このままでは厳しいという状況をお話しし、

私の過去の実績とともに、初めから・・・徹底的に面倒をみます。

先ずは、今回の組分け(6/13開催)に少しでも点数を取らせたいから、

一回でもいいから、入らせて下さい。

と。

Aくんの場合

で、Aくんのご家庭は、快く、お返事下さり、

まさに、藁にも縋る思い・・・というお母さまのお気持ちで入らせて頂きました。

一方、Bくんのご家庭、寧ろ、私は、こちらの方が、今までの素地もあるので、

入ったら、直ぐにあげてあげるのに・・・と思ったのお返事を頂けませんでした。

で、結果ですが、

Aくん、入塾したばかりで、社会の「社」の字も解っておりません。

塾でも、授業はカリキュラム通りの授業が進むので、焦っていたそうです。

まず、初めに、今回の範囲のデーターをとったところ、偏差値20が出てしまいました。

まずは、お母さまにこの現実をお伝えし、

「社会はやらないと、あがりません。でもやればすぐ上がります。

取り敢えず、今回はこの1回しかないので、偏差値40代にのせる事を目標にしましょう」と

で、結果ですが、ギリギリ41、のってくれました(笑)

全然、偏差値41なんて、よくないんですよ。

でも、元を見て下さい。

20→ 41にしたんです。

彼に関しては、今後、私が、ドンドンあげて参ります。

Bくんの場合

一方、Bくん。

母の話では「でも、あの子わかっているっていうんです」と仰るので、

「私にも、そういう言いますが、全然、解ってませんよ」というお話しをしたのですが、

やはり、私の事を最終的には信じて頂けなかったのか・・・

最終的にはお返事は頂戴できませんでした。

彼は結局 「35」です。

入塾時はギリギリとはいえ、最上位クラスに居たお子様が・・・です。

恐らく、私でなくてもいいので、何とかしないと不本意な受験に終わります。

もう、やる気がないなら、退塾も有だと思います。

一度は救いの手を差し伸べましたが、拒否しましたので、何処かでやらないと無理です。

Cさんの場合

そして、Cさん。

「34」です。

彼女は、大学院生のアルバイトの個別に入っているようで、

確かに、個別を2つも・・・とう気持ちが私にもありました。

しかし、長年、個別に入っていて、偏差値34というのは、

いい加減、親御さんも気が付くべきだと思います。

要は、講師の質です。

大学生であろうが、院生であろうが、

所詮はバイトです。

何の責任もありませんし、

中学入試を総合的に判断してのアドバイスは皆無でしょう。

ただただ、そこの問題を教えるだけで、

繋がってないので、この結果になるわけです。

偏差値の上がり方

まず、正直に申し上げまして、

偏差値40程度のお子様を50にするのは簡単です。

50のお子様を55にするのも、簡単です。

問題は60。

やはり、「60」の壁はあります。

言い方は悪いですが、点数が低いお子様は、

点数を取る事になれていない。

この壁を取り除くのに、お子様によってどの程度かかるか・・・。

ただ、どのお子様も私に預けて下されば、

偏差値38の子も偏差値60までは持って行きます。

ただ、本当に、付きっきりで教えます。

費用に関して

費用は集団塾をベースにして考えると、お高いです。

ただ、あなたのお子様に付きっきりで、

お子様のペースに合わせて、

そして上げていきます。

そこまで責任をもってやってくれる家庭教師、個別は少ないです。

勿論、集団では無理です。

集団だけでやっていけるお子様も勿論いらしゃいます。

ただ、6年生のこの時期、偏差値40で、

少なくとも55前後の学校に行こう、行きたいと思っていらっしゃるのであれば、

本当に信頼できる個別の先生にお願いする事をお薦めします。

費用が高い高いと申しますが・・・、

ご自身の美容院代、マッサージ代、ネイル代、ランチ代・・・

その他、諸々お考えになってみて下さい。

恐らく、これだけ、子供にベッタリでしっかり見てくれたら安いもの・・・

と思って頂けると思います。

大学生のアルバイトとは「質」が全く違います。

また、ここで判断できるかできないか・・・

正直、これは親の責任だと思います。

私は、子どもの教育費でケチった事はございません。

これで、子どもの一生が決まる・・・

と思ったら、何故、断るのか???

私としては意味不明です。

もう、今年、私が責任をもってみれる範疇は随分埋まってきておりますが、

状況によっては(状況というのは成績ではなく、場所の問題が一番大きいです)

お引き受け出来る可能性もございます。

お試しで一度入る事も可能です。

また、アドバイスはさえて頂けますので、

気軽にご連絡頂ければ・・・と思います。

塾の指導、塾で明確な指導のコンセプトを示して頂けない方、

宜しければご連絡下さいませ。

アドバイスさせて頂きます。

本日もご清覧頂き有難うございました。
ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記『コンサル申込』よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ↓
『コンサル申込』

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-未分類
-, , , , , , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験