中学受験 国立小学校受験

小学校受験か中学校受験か??? Part 1

ごきげんよう。
「ママの為のお受験コンサル」
Alfest主宰の小野宮でございます。

いつもご覧になって頂き有難うございます。
本日も皆様にとって有意義な入試情報、その他の情報をお伝え出来ればと思っております。
塾では言わない、言えない本音をお話しさせて頂きます。

子どもにとって、どちらがいいのか?

小学校受験が、もう間もなく始まるとされているこのタイミングで、
敢えて、改めて、小学校受験がいいのか、中学校受験がいいのか・・・
私なりの見解を述べさせて頂きます。

まず、本日は小学校受験から、お話しさせて頂きます。

 

小学校受験

小学校受験に関しては、完全に

「親、主導」

の受験ですね。いくら子供が「この学校に行きたい」と言っても、
その情報源は確実に、親御さんなり、おじい様、おばあ様ですね。

小学校受験は子供の学力も大切ですが、
面接等もございますので、
当然、ご両親の力量が問われる事も多いです。

メリット

小学校受験・・・
「塾」といっても、「幼児教室」の延長のような存在で、
中学受験のような「ガッツリ」感はないと面ます。
コスト的にも中学受験とは比較にはなりません。
それだけ、中学受験の「塾」はお金がかかります。

また、「学力」も大切ですが、
同時に「しつけ」にちかい「生活習慣」や「面接」が重視されるので、
或る意味、親の力で(子供を躾ける、訓練する・・・という意味です)
何とでもなるのが小学校受験です。

「受験」というとペーパーテストの練習が大変・・・
というイメージもございますが、
先に申し上げたように、「生活習慣」や
家族と共に過ごす所謂、日本古来の「行事」を
いかに大切にしているか・・・
という点も大きなポイントになりますので、

或る意味、家族で向き合い、生活を丁寧に送る、
という点では非常に好ましく、
やはり小学校受験を経験したお子様は躾が行き届いている、
と個人的には凄く思います。

デメリット

費用面

先ず、費用面で申し上げますと、
入学してからの費用は公立の小学校と比べると
比べ物にならないくらいかかります。

小学校で私立、6年間となれば、
それなりの費用がかかる事を覚悟しておかなければなりません。

その点、国立小学校であれば、年間、全てひっくるめて15万程度ですので、
この点においては、やはりリーズナブルですね。

お友達とのお付き合い・・・

私立、この場合は国立もですが、
近隣に引っ越さない限り・・・
否、たとえ近隣に引っ越したからと言っても、

「近所にお友達」

という関係は居ないに等しいので、
小学校時代に、放課後、お友達と遊ぶ・・
という経験が殆どなくなってしまいます。

この点・・・もしも必要と思われるなら、
親の方で相当、努力しないと厳しくなります。

因みに、我が家の場合は、
上の娘は普通に公立の小学校でしたので、
私もPTAの役員をやっていた事もあり、
息子と同級生のお友達もでき、
中学年くらいまでは週末は近隣のお友達と一緒に遊んでいたり、
その公立の学校のイベントにも参加させて頂いたりしておりました。

教育方針

これが一番、つらいですね。
入学前、学校説明会等ではやはり判らない、
実際に入ってみて判った事・・・
というのは実は多いです。

学校説明会がある学校なら、まだいいのですが、
国立の筑波大学附属小学校に関しては、
学校説明会も何もございません。

ですので、実は、入ってから、
「こんなところだとは思わなかった」
というお声もよくお聞きします。

正直、塾の講師も、入れる事にしか注力しておらず、
学校の状況を本当に判っている人間なんていないですね。

この、学校との価値観が合わない・・・
というのは想像以上につらい事です。
こんな事にならないためにも、
事前のリサーチは必要です。

*前述致しましたが、特に筑波大学附属小学校
こちらは、学校説明会がございません。
ただ、行っていたお母さまにお聞きする・・・とか
塾の先生にお聞きする・・・とか
そういう中途半端な情報ではなく、
ご心配な方はきちんとした情報を取る事をお薦め致します。

 

当方、実際に子どもを筑波大学附属小学校からそのまま筑波大学附属高校まで行かせた人間です。
それだけでなく、現在は、大手塾中学受験講師をしております。
つまり、ただの母親、塾の講師、というだけでなく、
大学までを見据えコンサルする事が可能です。

ご興味のある方はこちらよりご連絡下さいませ。

本日もご清覧頂き有難うございました。 ブログランキングに参加しております。
「ポチリ」と押して頂けると励みになりますので宜しくお願い致します。

にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ
にほんブログ村

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-中学受験, 国立小学校受験
-, , , , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験