中学受験

転勤族ならではの学校選び①

ごきげんよう。
「ママの為のお受験コンサル」
Alfest主宰の小野宮でございます。

いつもご覧になって頂き有難うございます。
本日も皆様にとって有意義な入試情報、その他の情報をお伝え出来ればと思っております。
塾では言わない、言えない本音をお話しさせて頂きます。

転勤族ならではの学校選び

ウチの旦那は転勤族です。
そもそも娘は1歳半~5歳半まで
東南アジアのある国に暮らしていました。
小学校入る直前に帰国したので、
恐らく4~5年でまたどこかに出ることになるだろうと
踏んでましたが、
まさに思った通りのタイミングで、
主人の転勤が決まりました。
小5の夏です。
今度もまた東南アジアのある国です。
当初、私は、もう、
小5の秋を迎えようとしているこのタイミングで、
思うように娘の成績も伸びす、
何となく中だるみと限界を感じる今日この頃でございました。下の息子の学校はギリギリまで在籍するように手続きし、
最悪、帰ってこれなければこないでいいか…
という気持ちもあり。
基本、家族は一緒にいるもの、というポリシーの元、
絶対、一緒に行くつもりでいました。
ところが…です。
主人が「せっかくここまでやったんだから、
きちんと居場所を作ってあげて、それから来ても遅くない」
という事態に陥ってしまったのは先にお話した通りです。
本日もご清覧頂き有難うございました。

ブログを読んで、気になった事、
もっと深くお聞きになりたいと思った方は
下記『コンサル申込』よりご連絡下さいませ。

ただの塾講師という立場ではなく、
実際、娘、息子を通わせていた経験に基づき、
ブログではお話し出来ない「生の情報」を元に
ご家庭、お子様にあったコンサルをさせて頂きます。
   ↓
『コンサル申込』


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

小野宮 尚美

ママが楽になるお受験コンサル「Alfest」主宰 現役大手進学塾塾講師です。24歳の娘と20歳の息子の母。一人は中学から寮に入れ、一人は小学校から国立へ。その二人の子育ての経験と心理士の立場から、なかなか塾では語られない一番大切な事。「大学受験までを考えた小学校受験、中学校受験」に関してコンサルさせて頂いております。 塾に惑わされない、ママが楽になる受験を目指して日々勤しんでおります。 詳細は「管理人紹介」をご覧になって下さいませ。

-中学受験
-, , , , , , , , ,

© 2020 晴れ時々お受験